about of hammock yoga

HOME > About

  ハンモックヨガ®が誕生したきっかけ、ハンモックヨガ®についての説明、各種メディアへの紹介

ハンモックの歴史 *里山ハンモック引用

ハンモック発祥の地はメキシコと言われています。ハンモックという名前ではなく、マヤンという言葉でした。マヤ文明のマヤ族が生活に使っていたと言われています。マヤンという言葉は、"包まれる"、"包み込まれる"という意味です。
様々な説はありますが、
原始時代では、生き延びるために最高の実用性を発揮し、現代では寝具のみだけではく、心のゆとりを与えてくれるものとして使われるようなりました。

<ハンモックの効果とは>

世界各国の気候や環境によって、それぞれ使い方が様々なハンモック。日本では、リゾート地においてビーチでゆったり休憩するものとしてのイメージが強いのではないでしょうか。東南アジアへ行くと、屋内や野外ではハンモックが日常的に吊る下げられ、日常的に使用されています。ハンモック特有の一定の揺れは、人にとってどのような効果をもたらすのかをスイスとフランスの科学者が研究した一例もありました。研究の一部によると、ハンモックの揺れによって、入眠が早くなり、睡眠の質も高まるという結果が出ています。科学的な見解においても、揺れがないよりも、多少の揺れがある所の方が人は熟睡できるとも言われています。

私が使用しているハンモックは、里山ハンモックと協同で提案した、網目状の綿糸で作られたハンモックであり、編み目特有の構造によって、身体をより自然に包み込む作用があります。正しい環境の下で、ハンモックを体験することが、普段の生活と違った感覚をもたらし、緊張が解れ、深いリラクゼーションにつながります。

このゆったりとした揺れが心地よいと感じるまでには、多少の慣れが必要な方もいます。身体の感覚とマッチした時には、緊張が解れ、気持ちも身体も柔軟になっていきます。効果は無限大の可能性を秘めているハンモック。今後の1人1人の身体の可能性をよりよい方向へ導いていけるよう、里山ハンモックと共に日々研究を続けています。

ハンモックヨガ®の誕生>

2009年にハタヨガの学びをyogajayaのティーチャーズトレーニングを終えトレーニングを通じてヨガという学びを身体と心で感じた時、私が私らしくヨガ伝える方法は何か、と考え始めました。

ヨガを通じて、肉体的にも精神的にも、満ち足りている感覚に気づき、穏やかに過ごす知恵を身につけて日々を過ごしていきたい。そんな自身の想いがある中で、自身が企画したイベントでハンモッククリエーター兼活動家と出逢いました。

始めてハンモックに乗ったときの身体への抱擁力と安心感。お母さんのお腹の中にいるような安心感でした。心穏やかな感覚に魅せられ、ヨガと掛け合わせることの可能性を見いだします。
ハンモックを外の木々に吊り、心地よくポーズを感じられる高さ、効果的にポーズを捉えるために身体にかける位置など、あらゆる状況を体験/確認し、2010年11月よりハンモックヨガ®として皆さまへレッスンすることを決意しました。

これからも、ハンモックヨガ®をより多くの皆さまに体験していただけるよう、次ぎの寄せられるステップに向き合いながら、日々のレッスンを丁寧に行っていきたいと思います。

ハンモックヨガ® 設立者及び講師
万菜美



●ハンモックヨガ®とは              *商標登録番号 第5605264号
*ハンモックヨガ®は、綿糸で出来た編目ハンモックを使用しております。
白い(または色付き)シルク布を使用した、エアリアルヨガや空中ヨガ、アンティグラヴィティヨガとは異なります。

伝統的なHatha Yoga(ハタヨガ)にフィットネスなどの要素を取り入れ、改良を加えたもの。
頭上からぶら下がる実際のハンモックを使い、身体を反重力の状態にし、浮遊感を感じながらポーズを行っていくヨガ。
身体の主要箇所にハンモックをかけてポーズを取ることで、関節部分を楽にさせ、筋肉への負担を軽くし、骨格による問題点を軽減させることが出来ます。
又、床で行うヨガのポーズの予習であり、練習・確認であり、さらに深める、楽しむ、といった事を主軸にしています。反重力の状態で左右均等に身体が支えられることによって、より効果的な身体の動かし方を感じることが可能です。
ポーズはリラックス系のものだけではなく、反重力を利用し、より効果的にコア(身体の中心部位)を鍛えるために行うポーズもあるので、フィットネス感覚に近いものもあります。

●心身にどんな効果が得られる?

ヨガで最も重要なことは、"今の自身と向き合い、呼吸を整え、日常の生活へ導いていくこと"
ハンモックに乗り、反重力空間の中で呼吸と向き合うことで、普段意識出来ていない身体の緊張を解し、心と身体の解放につなげていく方法を見つけます。
又、ハンモックによって身体を支えられた状態でポーズを行うことで、ポーズの効果を高め、 支えていることから、挑戦的なポーズも楽に行うことができます。

ハンモックによる逆転の(頭を逆さにする)ポーズ(上級者向けである)は、普段重力によって負担がかかっている内臓の位置を正しい場所へ導き、心臓よりも高い位置に頭を下げることに より、血流の滞りを軽減し、より気持ちが安定します。ハンモック特有の色の鮮やかさを視覚で楽しみながらポーズを行うことで、右脳を刺激し、クリエイティブな想像力が高められ、明るく、前向きな気持ちを維持することが出来ます。

●ハンモックと組み合わせることによって、ふつう(普段)のヨガとの違いは?

鮮やかな色のハンモックに包まれたり、身体にかけてポーズを行うことで、気持ちが明るく、前向きになります。
又、人の身体は左右不対称であり、皆それぞれ左右どちらかに負担がかかっています。
ハンモックによって身体を持ち上げられ、左右均等にバランスを維持することで、よりリラックスした状態で身体と向き合うことが可能です。
補助具としての使い方もあり、正しい位置でポーズを行うことで、ポーズがもたらす身体への効果を感じることも可能です。
浮遊感が身体と心の解放に繋がり、よりチャレンジングなポーズへも挑戦できることも、ハンモックを使ったヨガの利点でもあります。

各メディア紹介

TV・映像他

2015年 
  ・NHK 「あさいち」(6月22日)
  ・テレビ東京 「健康スイッチ」 (4月13日)

2014年 日本テレビ 「さまぁ〜ずの歌ふり」"Kat-tun"(12月27日)

2013

  •  フジテレビ 「虹色ジーン」 〜ぐっさんを連れて行くならこんなトコ!〜 (4月20日)

2012年

  • BS朝日 くらしのサプリ! 集合! ○○三姉妹 〜Girls' Adventure〜
  • 「ハンモックヨガ 3姉妹」 (10月28日 17:00〜17:30)
  • フジテレビ 「ノンストップ」(8月21日)
  • TBS    「王様ブランチ」 (8月24日)
    • 姫様トレンドコーナーにて
  • フジテレビ 「めざましテレビ」(7月5日)
  • BS 朝日 「極上空間」 (6月2日)
  • フジテレビ 「めざにゅ〜」 (5月16日)
  • 日本テレビ 「メレンゲの気持ち」 (4月21日)
    • 石塚英彦の通りの達人 <仙川編>

2011年

ラジオ

2013年

新聞

2012年

  • 日経流通新聞 MJ(7月4日)
    • <空中エクササイズ>特集にて

2011年

  • 日本経済新聞 夕刊 (6月24日)
    • <ライフ&フォト>にて
  • 産経新聞 「はやしひろのこれもアリ〜な」(6月18日)

雑誌・その他

2016年

  • non-no 8月号 "45th Anniversary" TOKYO 最新スポットGUIDE 内
  • 美的 11月号 変わり種ヨガで楽しく心と体のメンテナンス 内

2015年 

  • BE-PAL 9月号 "The Tree House Jurnal"内  
  • ぶんか社 ”主任がゆく” 「ママは習い事がお好き」青沼 貴子氏 掲載漫画 
  • 『ゼクシィ』「花嫁のリフレッシュ」アプリ内

2014年

2013年

  • GLOD (雑誌媒体向けパイロット版)4月
  • Aging BIBLE (1月10日発売)

2012年

  • 「Yogini vol.34」"流派通信" (12月22日発売)
  • シティリビング No.1435号 Free冊子(10月26日発刊)
  • NYLON JAPAN 11月号 (9月28日発売)
    • <IMARUのビューティニスタへの道> 掲載ページにて

2011年

  • ビジネスマン健康カレッジ サイト「身体に関する健康TOPICS]」内にて







Hammock Yoga facebook
facebook.png

ハンモック協力:里山ハンモック
satoyama banner_120×60.jpg

ハタヨガ&ハンモックヨガ
manami's blog
Logo-complete_bk.jpg

hammockcrusing_banner.jpg